やっぱ少女漫画がすき。

カトリーヌゆうこの少女漫画一人語り
基本的にネタバレしてます
↑漫画タイトル・作者検索にお使い下さい
<< ちはやふる 19巻とか 関連本色々 | Main | ヒロイン失格 1〜8巻 (別冊マーガレット) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
虹色デイズ 1〜2巻 (別冊マーガレット)
年賀状、やっと注文した!
めんどくさくなったらすぐアンパンマンに助けを求めるカトリーヌゆうこです。
こんばんは。

長男も適当に育てたな…と思ってましたが
次男はそれに輪をかけて適当です。

でも、子育ての先輩世代はみんな言う。
ほっといても子供は育つって。

で す よ ね !

いえ、嘘です。
ちゃんとそこそこ頑張らないとね。


虹色デイズ 1〜2巻 (別冊マーガレット)

夢みがちな妄想男子・夏樹、チャラくて女好きの智也、
いつもニコニコ実はドSな恵一、空気読まないマイペースオタク・剛。
なんだかいつも一緒にいて、楽しい毎日。
高校生男子4人がお届けする、お騒がせな日常!


来月号から連載だそうなので、これは読んでおかねば、と
レンタルになかったので買いました。

水野さん、デビューしたてくらいのときに読み切りを読んだ事があって
絵がかわいくていいなあと思って、HPとか見に行ったことがあったんです。
そしたら、別マ作家さんではめずらしく(?)
同人とかやってたみたいだったんですよね。うろ覚えなのですが…
他にもニコ動の絵師としても有名だったとか※(←現在進行形のようでした)。

その先入観があってもなくても
この虹色デイズは、あの薄くて高い本の独特なテンションそのまま!でした。

とにかく、男の子の割合が高い。
そもそもメインは男の子4人です。
その中で、かわいい系、チャラい系、ドS系、オタク系とキャラも分担。
ドSの子は男子同士なら物腰ゆるいのに、性癖がリアルでドSという変態(ムチ常備)。
オタク系の子の彼女はレイヤー。
チャラい系の子の好きな子は百合要素あり。
頼みの綱の唯一まとも?なかわいい系の子が片想いする女の子は
いうなればエヴァのレイちゃんの様な子で。
とことん王道とは正反対なワールドで、
でも男の子たちは全うに恋をしようとしている。
別マにはあんまりないタイプの漫画でした。

ていうか作家さんの趣味満載なのは多分、別マの戦略なのかなとか思ったり。
最近、オタク系女子向けの少女漫画誌が注目されてるので。
(よくわかんないけど、ARIAとかそうだよね。コミックジーンとか…)
それに対抗するために、天下の絶対王者の別マも
そういう雑誌に行く読者を取り込むために
こういう水野さんみたいな作家さんを押してるのかなあと思ってます。

そういう邪推はさておいても、私は水野さんの絵は問答無用で好きです。
話のテンポもいいし。アホだし。
マニアックな言葉に対する説明もスルーしてるとこがある意味画期的です。
デジタル全開の絵柄だけど、とにかく男の子が魅力的。
(さすが…というかなんというか)
そもそも私は普通に薄くて高い、男の子ばっかり出てくる本は好きですからね!
それを別マで読めるなんて、なんてお得、くらいに思ってます。

虹色〜のほかにももう1冊買ったけど
そっちも男子ばっかり。
逆に女子は魅力がちょっと薄い子が多い気もする。

あ、でも虹色の1巻の「ある年とそれからの私たち」という読みきりが
すごく好きだった。
こっちはちゃんと女の子が主役でした。
24Pの短めの読みきりなのに、必要な要素が全部つまってて。
これはあんまりオタク臭しなかったな。
こういう普通の少女漫画の他にもファンタジーも描けたり
とにかく器用な方なんだなと思いました。

あ、別マの別冊ふろくで連載してた「新聞部の小松さん」っていうシリーズも
元は生徒会の男の子4人がメインの「青春トリッカーズ」という読みきりの
派生だったみたい。
書きたいものがちゃんと明確になっている作家さんて強い。
そしてそれが受け入れられたら無双な気がする。
現に来月から本誌で連載だもんな。
オタク系として、私は期待してます。






今週乗り切ればもう年末まっしぐらだな!
来週のクリスマスどうしようかな!
多分ケーキ食っておわりだな!

あ、でも我が家のサンタ制度のあり方について
旦那と議論する必要があるなあ。
どうせいずればれるサンタの存在…
じゃあ最初からいないほうがいいのでは…
親がプレゼント買ってあげればいいんじゃね?
みたいな流れになってます。

うん。難しいな。


では。


あっ、別マの追記もしておきました。



| カトリーヌゆうこ | 今日買った漫画 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - |









http://lalasong.jugem.jp/trackback/518
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ