やっぱ少女漫画がすき。

カトリーヌゆうこの少女漫画一人語り
基本的にネタバレしてます
↑漫画タイトル・作者検索にお使い下さい
<< 虹色デイズ 1〜2巻 (別冊マーガレット) | Main | 別冊マーガレット 2013年 2月号 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヒロイン失格 1〜8巻 (別冊マーガレット)
旦那がプリン男子になったようです。
ポップコーンは歯につまるね、カトリーヌゆうこです。こんばんは。

うちの旦那はんは森永の生クリームが乗ってるプリンがすげー好きなのですが
ちょっと前から「自分で作りたい」とか言い出しまして
「あ?簡単だからやってみれば」と超他人事で言ってみたら
本当にプリンを作り出しました。

しかも1回じゃないんですよ。
もう何度も。昨日も作っておった。

子供が寝たあと、牛乳チンして砂糖混ぜて卵といてバニラ入れて
しかもちゃんと茶こしで何度も漉す!

そして湯をはったオーブンで蒸し焼き…

え、それ、多分、普通に旨いと思う…と思って
全く協力してないけど、「わしにもくれ」と申し出たら
「クリーム泡立ててくれたらやる」とのことで
夜な夜なホイップ。←必死

なんでこんな関係になった、俺たちよ。


レビューです!



ヒロイン失格 1〜8巻 (別冊マーガレット)

女の子は誰だって、自分が主人公の恋物語を夢みちゃうもの。
はとりも、いつか幼馴染みの利太と結ばれるはずだと信じ込んでいたが――
世の中そんなに甘くない!
恋に破れたオトメの七転八倒を赤裸々に描く爆笑コメディー!


別マの連載を追っております。
連載2回目、くらいまでは本誌で読んだ記憶が。

今回コミックスで今出てる分読んで、ざっと一言で表すのなら
「ヒロインくそすぎワロタw」(2ちゃん風)、です。

タイトルにこだわった邪道ヒロイン・はとり。
幼馴染の利太をずっと想ってきたはとりの
少女漫画のヒロインにあるまじき行動・言動・アップ顔の数々…!
(あ、アップ顔はおぞましきブサイク顔です)
利太の彼女(こっちは正統派ヒロインタイプ)に、嫌味言いまくったり
自分のほうが利太の事わかってますよ風吹かせたり
もう、自分の欲望に正直すぎて、ある意味爽快。
ただ嫌な主人公がのさばってるわけではなくて
はとりの親友・中島(通称:愚かなる中島)が、
常にはとりのクソ行動をこき下ろしてくれるので、そこでバランス取られてる感じ。

肝心のはとりの好きな利太は
イケメンだけど、なんかグダグダしてるちょっとダメな男子。
そのうち、弘光くんという、真のイケメンが出てきて
なにが罷り間違ったのか、彼がはとりを好きになっちゃって
そんなイケメンに好かれてアッサリそっちに行っちゃったりするはとり。
そうこうしてるうちに、利太も彼女と別れてはとりのこと好き、とか言い出すもんで
もう、はとりにしたらウッハウハな状態。
実際ウッハウハで顔がすげーヤな女顔になってたり。
邪道もここまでくるともうとことん突き進め、ってなります。

まあ、はとりは漫画的にかなりコメディなんだけど
現実的に恋してたら一貫性とかそんなの多分ないし
好きな人いても、その人に彼女がいたりして
その彼女と相対したら、あからさまではなくとも張り合ったりするだろうし
そんな状態ですんごいイケメンに告白とかされたら、そっち行くわ。

確実にな。

リアル女子なんてそんなもんっちゃーそんなもんだ。
その時その時、自分の素直な欲望と打算と見栄。
それを他の子にとやかく言われたり陰口言われたり
色々あるとは思うけどね。

でもそういう汚い面を、あんまりドロドロすることなく
コメディっぽく痛快に描かれてて、ギャグも面白いです。
揺れまくり、ぶれまくりのはとりがどうなっていくのか皆目検討もつかないけど、
どう着地するのか、観察していきたい。
そんな感じです。






旦那のプリン熱、もうそろそろ冷めてほしいなあ。
しまいに職場に持ってっちゃったりして

「たくさん作りすぎちゃったので、皆さん食べてください☆ミ てへ」

みたいな事になったらどうしよう。

あと、牛乳大量に使うの、やめて欲しい。
そこだけは切実。


では。
聖なる夜に、そこにはふれずにおやすみなさい。


| カトリーヌゆうこ | 今日借りた漫画 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - |









http://lalasong.jugem.jp/trackback/519
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ